New『基礎からはじめる真宗講座』

『基礎からはじめる真宗講座』

12月19日(土)午後1時半より

今年度二回目の基礎からはじめる真宗講座が開かれました。
お釈迦様の誕生の物語を通して、仏様という存在について味わいました。後半は、納骨と分骨について、お話をさせていただきました。
住職もマスク着用でお話をさせていただきました。コロナ禍の終息を願うばかりです。

 

 

 

 

2020年12月19日

New『寺内地区お取り越し報恩講』

『寺内地区お取り越し報恩講』

12月16日(水)午後1時半より

寺内地区のお取り越し報恩講が、新型コロナウイルス感染症対策のため、例年の仏間ではなく、本堂で参詣者の距離を取りながら開かれました。 お焼香も回し焼香ではなく、順番に前でしていただきました。
住職もマスクを着用して、お取り次ぎをさせていただきました。

 

 

 

 

2020年12月16日

『基礎からはじめる真宗講座』

『基礎からはじめる真宗講座』

11月14日(土)午後1時半より

今年一回目となる『基礎からはじめる真宗講座』が開かれました。前半は、お釈迦様の四門出遊の物語を味わいました。後半は、位牌と過去帳についてお話をいたしました。 コロナ禍の中、たくさんの方々が、お参りくださいました。

 

 

 

 

2020年11月14日

『御命日法座』

『御命日法座』

9月16日(水)午前6時より

御命日法座が、早朝6時より勤まりました。
近隣地域での新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、予定されていた秋のお彼岸は、中止となりました。
9月は、この御命日法座が、唯一のご縁となりました。
本堂内は、扉を開け換気をしています。
親鸞聖人の御遺徳を偲びながら、お正信偈のお勤めをさせていただきました。
毎月、御命日法座では、『蓮如上人御一代記聞書』を味わっています。
住職も、マウスシールドをつけて、お取り次ぎをさせていただきました。
毎月15名程度の方々がご参詣されています。
どなたでもご自由にご参詣ください。

 

 

 

 

2020年9月16日

『盆会』

『盆会』

8月1日(土)午前9時より

宇部市船木より山名学道先生をお招きし、盆会が開座されました。
コロナ感染症対策のため、午後からのみの御法座となりました。
換気をし、椅子の間隔も空けましたが、たくさんお参りくださり、少し蜜になりました。
エアコンをつけていますが、換気をしているので、少し暑かったです。
御講師の先生にも、マウスガードをお願いしました。
表情がよく分り、有り難かったです。

 

 

 

 

2020年8月1日

『つくりあがり法座』

『つくりあがり法座』

7月10日(金)午後1時半より

感染症対策をしっかりとりながら、つくりあがり法座が開かれました。
実に四ヶ月ぶりの御法座です。
大雨でした。大雨のため、お参りを断念された方もおられたようです。
長門市より蘭哲昭先生にお越し頂きました。
マウスガードをして頂いた上で、御法話をいただきました。
お斎は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止といたしました。
久しぶりのご縁は、やはりありがたいものでした。
いただいたご縁は、大切にさせていただきましょう。

 

 

 

 

2020年7月10日

『金光家家庭法座』

『金光家家庭法座』

6月17日(水)午前10時より

正法寺の行事ではありませんが、二ヶ月に一度、正法寺門徒の金光さん宅で、家庭法座が営まれています。
4月は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止となりました。
今月は、感染防止対策として、金光さん宅の裏庭に席が整えられ、外で御法座が勤められました。
庭の木に掛けられた蓮如上人のお名号をご本尊とし、讃仏偈のお勤めをさせて頂きました。
外での御法座は、とても気持ちよかったです。
ここまでしてご縁を結んでくださった金光さんに、深く感謝です。

 

 

2020年6月17日

『御命日早朝法座』

『御命日早朝法座』

6月16日(火)午前6時より

親鸞聖人の月命日である16日に、毎月、御命日法座を勤めています。
コロナ禍の中でも、親鸞聖人の御命日法座だけは、一度も中止をせずに続けています。
今月も、十二名のご参詣をいただき、ご一緒にお勤めさせていただきました。
本堂を換気し、全員マスク着用の中でお勤めさせて頂いています。
この御法座では、毎月、蓮如上人のお言葉を『蓮如上人御一代記聞書』から一条ずつ頂いています。

 

 

2020年6月16日

『令和2年度世話人会』

『令和2年度世話人会』

5月30日(土)15時より

新型コロナウイルスの影響で延期になっていた令和2年度の世話人会が、一月遅れで開催されました。
讃仏偈のお勤めからはじまります。
全員マスクをしての会議となりました。
護持費の決算や予算、御法座をはじめとした寺院活動の在り方についてなど、様々な意見を頂戴しました。
新型コロナウイルスの影響が心配される一年となります。

 

 

2020年5月30日

『春季彼岸会』

『春季彼岸会』

3月13日(金)・14日(土)

二日間にわたって春季彼岸会が勤まりました。
愛媛県より深水健司先生が御講師としてお越しくださいました。
新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、縮小した形でのご縁となりました。
お斎の提供と二日目の午後からのご縁が中止となりました。
深水健司先生からのご丁寧なお取り次ぎと参詣者の方々の温かいお聴聞によって、縮小した中でも有り難い春季彼岸会となりました。

 

 

2020年3月14日