New『御命日法座』

『御命日法座』

9月16日(木)午前6時より

早朝6:00より親鸞聖人御命日の御法座が開かれました。
早朝より11名の方々が、ご参詣くださいました。
お正信偈のお勤めを、参詣者の皆様とご一緒にさせていただきます。
毎月、『蓮如上人御一代記聞書』のお言葉を頂いています。
住職から、蓮如上人のお言葉についてお取り次ぎをさせていただきました。
月に一度、親鸞聖人の御遺徳を偲び、一日の始まりにお勤めと御法話のご縁に遇わせていただくことは、真宗門徒にとって、とても大切なことです。
丁寧な日常を送らせていただきましょう。特別な作法はありません。
どなたでもいつでもご自由にお参りください。

 

 

 

 

 

 

2021年9月16日

New『清掃奉仕』

『清掃奉仕』

9月4日(土)午前8時より

毎月一度、各地区の御門徒の皆様が交代で、境内の清掃奉仕をしてくださいます。
9月は、原条・能楽・今井・玄珍・溝畑の各地区の御門徒の皆様が御報謝くださいました。
裏の庭まで綺麗にしてくださいました。
細かいところまで綺麗にしてくださいます。 全体的に草が生えておりましたが、本当に綺麗になりました。

 

 

 

 

 

 

2021年9月4日

『戦没者追悼法要・盆会』

『戦没者追悼法要・盆会』

8月6日(金)午前9時半より

午前九時半より戦没者追悼法要が勤まりました。
昨年は、新型コロナウイルスを考慮して中止となりました。2年ぶりのお勤めです。
宇部市厚南地区より伊東順浩先生にお越しいただきました。
午後1時半よりは、盆会が勤まりました。午前中よりもお参りが増えました。 最後は、代表焼香の方に合わせて、全員で合掌お念仏礼拝で法座が閉じられました。
法座当番地区の皆様、暑い中、御報謝、まことにありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2021年8月6日

『つくりあがり法座』

『つくりあがり法座』

7月9日(金)午前9時半より

下松市から藤本唯信先生をお迎えして、つくりあがり法座が開かれました。 コロナ禍と豪雨という天気が重なり、参詣者が大変少なく、寂しいご法座となりました。

 

 

 

 

 

 

2021年7月9日

『前住職・前坊守17回忌法座』

『前住職・前坊守17回忌法座』

6月12日(土)午後1時半より

前住職と前坊守の17回忌法座が開かれました。
あの年から、もう16年が経ちます。

 

同じ年に生まれた新発意は、高校生になり、皆さんと一緒にお聴聞しています。無常を感じます。

 

コロナ禍の中、本当にたくさんの方々が、ご参詣くださいました。
前住職と前坊守の人柄が偲ばれます。
御講師には、前住職と学生時代から親交のあった中島昭念先生がお越しくださいました。
前住職と前坊守との思い出話も交えながら、大変味わい深いお取り次ぎを賜りました。
ご参詣の皆様も、大変喜んでくださいました。

 

 

 

 

2021年6月12日

『物故者追悼法要・永代経法要』

『物故者追悼法要・永代経法要』

5月19日(水)・20日(木)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、物故者追悼法要と永代経法要がお勤めされました。
写真は、物故者追悼法要の様子です。
対策はしておりましたが、感染拡大を心配されて、ご参詣は少なかったです。
永代経法要の初日の様子です。一座ごとに参詣者の地区分けをさせていただきました。
永代経法要の二日目の様子です。豪雨となりました。足下の悪い中、また、感染症の心配がある中、本当によくお参りくださいました。 お勤めもマスク着用です。
残念ながら、降誕会は中止となり、それに合わせて初参式も中止となりました。
七人のお子様方に記念品だけを用意させていただきました。
二日間にわたり、感染症の心配がある中、広島県より松林行圓先生がお越しくださり、お取り次ぎくださいました。

 

 

 

 

2021年5月20日

『令和三年度世話人会』

『令和三年度世話人会』

4月25日(日)午後3時より

令和3年度の世話人会が開催されました。コロナ禍の中、本堂の扉を開けて、換気しながらの開催となりました。 令和3年度の行事についてや、護持費の決算と予算の承認などについて、話し合われました。

 

 

 

 

2021年4月25日

『春季彼岸会』

『春季彼岸会』

3月12日(金)・13日(土)

広島県から福間義朝先生をお迎えして、春季彼岸会が勤まりました。 コロナ禍の中、この度もお斎の用意はできませんでした。
それでも、約80名を超える方々が、ご参詣くださいました。

 

 

 

 

2021年3月13日

『基礎からはじめる真宗講座』

『基礎からはじめる真宗講座』

2月14日(日)午後1時半より

今年度最後となる『基礎からはじめる真宗講座』が開かれました。
前半は、お釈迦様の入滅について、後半は、お斎について、お話をさせていただきました。
山口県内でもコロナ感染者が増加していた時期と重なり、いつもより参詣者の方々は、少なめでした。しかし、コロナ禍の中、これだけのお参りをいただき、ありがたいことでした。

 

 

 

 

2021年2月14日

『御正忌報恩講』

『御正忌報恩講』

1月16日(土)・17日(日)

新型コロナウイルス感染症の対策を取りながら、今年も御正忌報恩講が勤まりました。お供物の華餅作りから始まります。

 

昨年から塩ビの筒を利用しています。
お餅を切るのは、結構な重労働です。男性が切ってくださいます。

 

主に女性の方が、お餅を綺麗に盛ってくださいます。
仏華も御報謝くださいます。 前日には、男性の方々が、幕を張ってくださいました。

 

お荘厳が整いました。 正法寺の御絵伝は、特注です。一つ一つの場面が、大きく描かれています。

 

大阪府に緊急事態宣言が出されたため、ご依頼をしていた行信教校講師の濱畑慧憭先生にお断りを入れ、急遽、16日は、宇部市小野の市川幸仏先生に、17日は、下関市豊田町の中山和泉先生にお願いをしました。

 

一座ごとに参詣者を地区割りにし、参詣者を入れ替え、密にならないように配慮しました。
16日の夕方には、日曜学校の子ども達もお参りしてくれました。みんなでお正信偈をお勤めしました。

 

日曜学校の子ども達には、住職から親鸞様についてお話をさせていただきました。
16日の大逮夜は、保育園の職員のみでお勤めをさせていただきました。市川先生にお取り次ぎをいただきました。

 

17日は、中山和泉先生にお取り次ぎをいただきました。
法座当番地区の皆様と総代の方々とで後片付けをしてくださいました。お斎の御報謝もできない寂しい御正忌報恩講となりました。一座ごとに参詣者を入れ替えさせていただきましたが、二日間で200名近くの方がお参りくださいました。例年よりは少ない参詣者の数となりましたが、有り難い二日間をいただきました。

 

 

 

 

 

2021年1月17日